住めば都と言われる平屋住宅の魅力とは

可能性が広がる平屋住宅の暮らし方とは

動線がシンプルであること

住宅で生活する際に、動線は大変重要なポイントです。
家を建てる際にいかにシンプルな動線にするかを検討することで、その後の家の暮らし方が大きく変わります。
例えば、朝起きて朝食を作るまでの動線が、入り組んでいると朝食作りに面倒さを感じてしまうもの。
食事作りだけでなく、これは様々な家事においてもいえることです。

茶碗洗いをしながら、洗濯機を回す。
よくある家事の兼務ですが、洗濯機が終われば、次にこの洗濯物を洗濯機から出して干す作業が待っています。
干した衣類などは取り込んでそれぞれ収納することも必要。
ですが動線が入り組んでいたとしたらどうでしょう。
様々な家事があるなかで、行ったり来たりしてしまうと家事そのものが面倒に感じてしまうものです。
階別にならない平屋住宅の場合は、ワンフロアで家事を行うことが出来るため、シンプルな動線を確保しやすくなります。

家族の存在を感じやすいこと

動線がシンプルであることで家族はシンプルな動線を利用するため、どこで誰が何をしているのか、気を配らなくても分かることはメリットです。
階によって分断されないため、家族のだれがどこにいるのかが一目瞭然で分かります。

例えば小さなお子さんはいつも目が離せません。
一方、子供にかかりきりでは家事は進まないもの。
ですがワンフロアで動線が確保される平屋住宅の場合には、別の部屋にいても扉を開けていれば、物音で伝わるものです。
親がどこに行ったかと子供が探し回る心配がなく、家族皆が安心して暮らせます。

もちろんワンフロアの場合にはプライバシーの面でデメリットになることも。
近年ではこうしたプライバシーに配慮し、可動性のある壁を配置することができる平屋住宅もあるため、ニーズに合わせて変化を加えることが出来るのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る