住めば都と言われる平屋住宅の魅力とは

年齢を重ねても安心した暮らし方を望むなら

バリアフリーを考慮した家づくりが可能

いくつになっても元気で人生を楽しみたいと誰だって思いますよね。
一方で、年齢を重ねればどうしてもうまく出来ないことが増えてしまうもの。
足腰に不安が生じれば家の小さな段差も辛くなることがあります。
階の違うフロアに荷物を収納していると、それを持って階段の上がり下がりをしなければなりません。
力に自信があれば簡単なことですが足腰の不安があれば、こうした作業は難しくなってしまいます。

その点、平屋住宅では心配がありません。
ワンフロアで荷物の移動ができますから、家の中での不安が軽減されます。
荷物の収納では、どこに何をしまったのか忘れてしまうことがありますが、ワンフロアで探し物が出来るのは意外にも置き忘れの心配が減るメリットにつながるのです。

自分たちなりのオリジナルを盛り込める

平屋住宅の場合、限られたスペースの中で間取りを考えなければなりません。
一見、これはデメリットのように見えますが、実はそうでもないのです。
平屋住宅を選んだ方の多くは、自分たちなりのオリジナルを盛り込んで、生活そのものを楽しんでいる方が多くいます。

例えば2階が無い分、天井を高くすることができるので、そこに窓を取り付けて外光を多く取り入れて明るい暮らしを楽しむ場合や、しっかりとした梁をあえて見せるデザインで開放感を演出することは平屋住宅ならではの楽しみ方です。

さらにあえて壁や柱を設けず、ワンフロアを広々と使うのも平屋住宅ならではの楽しみ方。
既存のデザインではなく、自分達が良いと思うものを生活に取り入れられるため、自分達ならではのオリジナルな楽しみ方が出来るようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る