住めば都と言われる平屋住宅の魅力とは

建築にかかる費用は2階建てよりもお得

必要な建築資材は意外に多い

家を建てる際には様々な資材が必要になります。
例えば家の構造を支える柱や壁などは想像できることですが、この柱や壁を支えるための土台となる基礎工事でも多くの資材が必要です。
柱や壁だけでなく、室内温度が外に影響されないよう防熱板も生活する中では重要。
床も肌触りの良い歩きやすい素材を敷くために、安定性のある土台を用意する必要があります。

家は目に見えている部分以外にも、それを支えるために多くの資材が使われています。
階が増えれば、その分支えるための資材も必要です。
つまり平屋住宅の場合よりも2階以上の住宅を建てるには、それを支えるための資材が倍は必要になるのです。

例えこだわりを加えなくても、人が住むための家を造るには最低限必要となる資材が思いのほか多くありますね。

こだわりから自由まで許容が広い

資材の必要性からいえば、建てる際だけではありません。
変化を加える改築でも、平屋住宅は扱いやすいメリットがあるのです。

例えば2階建て住宅の場合に、1階部分の柱を撤去して広々としたリビングを作ろうと思っても、2階の安定性のためには外せない柱が存在します。
そのため自由に改築できない場合があるのです。
また、広々とした開放的な空間を目指して天井を高くしようと考えても、2階が邪魔になれば改築自体ができないことも。

この点においても平屋住宅は自分達のこだわりを盛り込むことが可能です。
屋根までの広さを活用して勾配天井を設けることもできますし、梁を見せることも可能。
自由に楽しめる家に変える点でも、楽しみ方に広がりがあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る